>

赤ちゃんの頃から始める教育

赤ちゃんのうちから取入れたい教育方法

赤ちゃんのうちから取入れられる教育方法は、何があるのでしょうか。
言葉が分かるようになれば、言葉を教えたり、数字を教えたり出来るのですが、赤ちゃんはまだ言葉も喋れないのでそのような教育は無理です。

赤ちゃんのうちから取入れる教育方法は、まず五感を刺激する玩具を取り入れる事が手っ取り早いでしょう。
知育玩具という商品が、玩具売り場などに多数存在しています。
そのような知育玩具を取り入れ、赤ちゃんの五感を刺激する事で、直接脳へ働きかける事に繋がります。

また、言葉が分からないにしても、親である身近な大人の言葉はどんどん理解していきます。
なので、日ごろから優しく語りかける、赤ちゃんの反応に答えてあげるという事が大事です。

五感を刺激しよう

五感とは、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の5個です。
新生児期は、まだ視覚は発達していません。
ですが、聴覚、嗅覚や触覚などはすごく働くので、お母さんの声やおっぱいの匂いなど、色々と分かっています。

だんだんと目が見えるようになり、視覚も発達してきます。
そうなると、目で玩具を追うようになったり、自分の手や足を認識し、近くにある玩具や、興味のあるものに手を伸ばすようになります。

その時に、知育玩具と呼ばれる玩具を取り入れ、赤ちゃんの五感を刺激してみましょう。
物を持つ、どのような構造になっているのか、など考える事が脳の育成に繋がります。

また、絵本などを通して、言葉のやりとりや語彙力を増やすなど、今後の勉強に繋がるような働きかけも出来るようになります。

優しい気持ちで、語りかけたりし、五感を刺激しながら心も育てていく事を大事にしていきましょう。


この記事をシェアする