>

メリットは何があるか

メリットについて

赤ちゃんの頃から取入れられる教育方法のメリットについてご紹介します。

教育というと、すこし堅苦しく聞こえるかもしれませんが、赤ちゃんに対しての教育とは、勉強をさせる事ではありません。
日ごろの生活の中で学んでいく事が重点です。

まず、玩具などを用いて五感を刺激していくという教育方法のメリットですが、玩具を与えるだけで一人で遊べるのは少し大きくなってからです。
一人で玩具を使ったり、観察したりするのも、脳にはとても良い働きかけをしてくれます。
ですが、赤ちゃんの頃に一番大事なのは、身近な大人との関わり方です。

一番のメリットは、親と子が玩具を用いて、コミュニケーションをとり、その中で絆を築いていけるという事だと思います。
勉強が出来るようになって欲しいと思う前に、まずは心の育ちを大事にしてみましょう。

親と子がより良い関係になる事が、今後の生活をよりよくする事に、密接に関わってきます。

親子のコミュニケーション

親子のコミュニケーションをどのようにすればより良くなるのかについてご紹介します。

このような事例があります。
ちゃんとした言葉を覚えてほしいから、2歳になるまであまり語りかけずに過ごしてきて、2歳になれば勝手に話をするようになると思っている親がいたそうです。
案の定、言葉をあまり聞いたことのない子は、ほとんどしゃべりません。

きちんとした言葉を覚えてほしいとは思いますが、身近な大人が優しく語りかける事や、単語を教える事で、積み重なって会話を覚えて行きます。
なので、コミュニケーションを図るといった意味でも、積極的に話かけるようにした方がいいでしょう。

赤ちゃんの頃から、言葉の意味は分からなくても愛は伝わっています。
指さし行動などが始まると、物に興味が出てきているという事なので、物の名称を伝えたり、子どもの思いを代弁すると、より親子のコミュニケーションが取れると思います。


この記事をシェアする