>

赤ちゃんから始める教育のデメリット

デメリットについて

デメリットに関してですが、やはり親が教育しないと、と強く願いすぎて、過剰な教育になってしまい、親子関係が悪くなってしまうというのがデメリットと言えるでしょう。

小さい頃から、英語を教えないと、と強く思ってしまうと、親が謎のプレッシャーを感じ、子どもに強要してしまうという傾向があるようです。
教育する事は良いことなのですが、子どもの興味や関心に沿わないと、楽しんで取り組めません。

やはり、楽しんで教育を受けるというのが一番だと思います。
興味が無い物をやりなさいと言われると、子どももストレスを感じてしまいます。

やりすぎは禁物という事です。
子どもが興味や関心をもった時に、与えるという風にした方が、親も子もどちらもノンストレスで取り組めるのではないでしょうか。

教育の適応時期

教育の適応時期を見極めましょう。

目の見えてない子に玩具を出しても、見えてないので何も分かりません。
音楽を聞かせるという事は新生児の間でも出来ます。
知育玩具を与えるタイミングも、目が見え、自分の手を認識し、玩具に興味を示したら与えるのがベストだと思います。

また、他の教育に関してですが、幼児教室などの習い事も、興味や関心が出るまでに始めても効果は薄いと思います。
これがやりたい、こんなことをしたい、と子どもが思った時が、適応時期なのではないのかなと思います。

親のエゴだけで、子どもに教育を押し付けるのは一番良くありません。
子どもが興味をもったタイミングで、教育方法を考えていけばいいのではないでしょうか。


この記事をシェアする